Q&A

粘度計の選定ガイド

更新日:2018年04月26日

1. 粘度計とは?

粘度とは、流体の流れにくさを表す数値で、具体的にはせん断応力をせん断速度で割った数値が粘度(mPa・s)となります。この粘度を測定するのが粘度計です。ガラス管を使った細管式粘度計、玉の落下スピードを測定する落球式、パラレルプレートのような回転子(スピンドル)を流体の中で回転させて得られるトルクから粘度を求める回転式など、目的や粘度領域に応じて使い分ける必要があります。

2. 粘度計の使用目的

分散安定性、流動特性、飲料の喉ごし・残留感、化粧品のたれ性・レベリング性、チキソトロピー、チキソ性

3. 粘度計の分類

細管式粘度計(キヤノン・フェンスケ)、回転式粘度計(B型、E型)、落球式粘度計、振動式粘度計、レオメータレオロジースペクトロメータ

4. ケース別おすすめの粘度計をご紹介

低粘度(インク):レオロジースペクトロメータ、振動式、回転式、細管式、レオメータ

高粘度(油、ポリマー、スラリー):落球式、回転式、細管式、レオメータ

関連製品