文字サイズ

製品情報

ヤマトリサイクル・システム

ヤマトリサイクル・システム

当社の推奨するリサイクル・システムをご利用いただくことにより、使用済み製品の適正な処理、高いリサイクル率および、適正なコストでの廃棄処理が可能です。

特徴

リサイクル(再資源化)・フロン回収等への取り組み

お客様にてご不用となった機器や消耗品を当社が引き取り、地球環境を考えた適切な処分・リサイクルを行っております。

アスベスト材解体・分別業務

  • アスベスト除去に関わる法規制等

労働安全衛生法/石綿障害予防規制、大気汚染防御法、建設リサイクル法

  • 除去した廃棄物に関する法規制等

廃棄物処理法、各自治体における各種届出(特別管理産業廃棄物関連)

  • 除去作業(機器)に最も重要なことはMSDSの入手

(エアーシャワー)

(除塵フィルター)

(分別解体)

アスベスト廃棄物処理概要

特別管理産業廃棄物 飛散性アスベスト(廃石綿等)→産業廃棄物最終処分場(管理型)or →溶融処理→産業廃棄物最終処分場(管理型・安定型)| 産業廃棄物非飛散性アスベスト(建設廃材、ガラスくず及び陶磁器くず)→溶融処理→産業廃棄物最終処分場(管理型・安定型)

お問い合わせから処分までの流れ

お問い合わせから処分までの流れのイメージ

(1) お客様より、ヤマト科学(株)およびヤマト物流(株)に作業依頼書を送る。
(2) ヤマト物流(株)よりヤマト科学(株)経由にて作業計画書をお客様に提出する。
(3) お客様にて作業計画の確認および承認をする。
(4) お客様よりヤマト科学(株)経由ヤマト物流(株)に作業計画書承認の連絡と作業開始の指示をし、併せて機器引取依頼を行う。
(5) ヤマト物流(株)はお客様から機器を引取り、ヤマト科学除去作業場にて除去作業開始。計画に則り作業を行う。
(6) ヤマト物流(株)は作業終了後、作業報告書をヤマト科学経由お客様に送る。
(7) お客様は機器分解作業の承認をし、ヤマト科学に買取の依頼を行う。
(8) ヤマト科学は、分別後の機器を買取り、必要な部品等はヤマト物流に指示し、仕分けさせる。
(9) 分別した再生用品はリサイクルする。不要な部品はヤマト科学(株)は施工業者(排出事業者)として責任をもって処分する。

リサイクル処理の流れ

ヤマト科学(株) お客様総合サービスセンター連絡先

お電話でのお問い合わせ
受付時間:11:00~19:00
※土日、祝日振替休日を除く
固定電話
  • 0120-405-525

  • (フリーコール)
  • 携帯電話・PHS・一部のIP電話(050で始まる番号)からはフリーコールをご利用いただけません。ナビダイヤルをご利用ください。
ナビダイヤル
  • 0570-064-525

  • (通話料はお客様負担)
フォームでのお問い合わせ
FAXでのお問い合わせ 055-284-5210
受付時間: 24時間受付

※ご連絡いただきます際には、番号・アドレスをお確かめの上、お間違えのないようお願い致します。