文字サイズ

ヤマト科学仕入先メーカー

メーカー辞典【テレダイン・ジャパン株式会社(テレダイン・レクロイ)】

企業データ

社 名 テレダイン・ジャパン株式会社(テレダイン・レクロイ)
設 立 1990年04月
本社所在地 東京都府中市緑町3-11-5芳文社府中ビル3F
代表取締役 原 直
資 本 金 2500万円

テレダインレクロイ社のオシロスコープ、プロトコルアナライザの日本での販売、修理、校正業務を行っている。

注力分野

テレダインレクロイの12ビット垂直分解能オシロスコープは業界唯一の12ADを汎用オシロスコープで実現した画期的な製品です。従来のオシロスコープと比べて、16倍も精緻な電気信号の観測と測定、解析、保存が可能になりました。
派生モデルのMDA800は、この機能をベースに、8chプラスロジック16ch入力に加えて、三相交流信号の測定や解析も可能になり、従来のパワーメーターでは追従できない、瞬時パワーの計測も可能です。

技術動向

自動車業界でも電気自動車への流れが加速し、パワーエレクトロニクスでの有効な測定ツールとして、レクロイのオシロスコープが注目を集めつつあります。
パワーメーターで三相電力の測定をする際に、SiCやGaNなどの新しい半導体を搭載した基板では、動作しているデバイスの周波数が桁違いに高速化しており、今までの測定技法での限界を迎えています。
テレダインレクロイでは、グリーンエネルギーの一環としてモーターのエネルギーロスの改善が今後のマーケットのインパクトになると予想し、12ビットモデルの派生として8chモデルを早々に発表、さらにパワーメーターの機能をオシロスコープに組み込みました。オシロスコープが抱えていた測定精度の問題も12ビットモデルで相当改善しました。

取り扱い製品情報

メーカー一覧に戻る