文字サイズ

Q&A

マイクロプラスチック分析

更新日:2019年11月18日

マイクロプラスチックとは

マイクロプラスチックとは、環境中に広く存在する5mm未満の小さな合成プラスチック粒子を指し、近年大きな注目を集めています。
環境省関連の規制当局や研究者、製造業者が、生態系やヒトの健康への影響を評価したり、その問題の解決のための有効な方法を開発するために、その起源や混入経路の理解を競うかのように推し進めています。
例えば、近年の研究からニューヨーク州立大学フレドニア校で行われた研究では、試験対象のボトル入り飲料水の93%はマイクロプラスチック汚染の兆候を示し、汚染の原因の少なくとも一部は、包装およびボトリングのプロセスであることが判明しました。
マイクロプラスチック繊維と断片は、ビールやハチミツ、砂糖、空気中でも検出されています。

 

マイクロプラスチックの発生抑制対策

マイクロプラスチックの発生抑制対策として、米国、英国、フランスなどの一部の国ではマイクロビーズを含むパーソナルケア製品の製造や販売が規制され、日本では関連企業に自主規制の呼びかけを通知しています。
しかしマイクロプラスチックは微細なため、製品化された後の対策では回収が困難です。
このような微細なマイクロプラスチックの定性にはサーモフィッシャーサイエンティフィックのNicolet iN10 MXイメージングFT-IR顕微鏡が最適です。
ここではiN10 MXを主に用いたマイクロプラスチックのアプリケーションをご紹介いたします。

 

マイクロプラスチック分析のアプリケーション

 ・FT-IRを用いたマイクロプラスチックスの分析 

 ・FT-IR・ラマンを用いたマイクロプラスチックの分析

 ・マイクロプラスチック分析用赤外顕微鏡パッケージ

関連製品