文字サイズ

Q&A

【お客様の声】福島成蹊高等学校 様

更新日:2020年06月29日

福島成蹊高等学校(福島県福島市)様は、ミカヅキモの研究において、「第16回高校生化学グランドコンテスト」(2019年10月)にて文部科学大臣賞を受賞されました。さらに「Taiwan International Science Fair : TISF」(2020年2月)に日本代表として参加し、日本初の環境工学部門で2等賞を受賞されました。この素晴らしい功績を収められたミカヅキモの研究に吸光度計ピコエクスプローラーをご使用いただいています。
同校自然科学部員の皆さまにお話を伺いました。

≫ ピコエクスプローラーを知ったきっかけは何ですか?

2015年12月に参加した「サイエンスキャッスル東北大会2015」で私たちの研究が最優秀賞を受賞し、「サイエンスキャッスル研究費ウシオ電機賞」を紹介されたことがきっかけでピコエクスプローラーを知りました。

※ウシオ電機株式会社はピコエクスプローラーの製造メーカーです。「サイエンスキャッスル研究費ウシオ電機賞」は、吸光度測定を用いた研究活動を行う中学生・高校生・高等専門学校生を支援するため、ウシオ電機が募集し、受賞校にはピコエクスプローラーの無償貸出し、研究費助成等を行いました。

ミカヅキモがSr2+(ストロンチウムイオン)を吸収することに着目

≫ ピコエクスプローラーで何を測定していますか?

水溶液中のSr2+量の測定に使用しています。ミカヅキモが水溶液中のSr2+を吸収する性質を利用し、震災後大量に発生した汚染水を処理することにミカヅキモを活用できるのではないかと考えて研究を行っています。

使い易く測定時間が短い(約1秒/1測定)ので、測定回数を大幅に増やせました

≫ ピコエクスプローラーを使うメリットは何ですか?

上記のサイエンスキャッスル研究費に採択され、Sr2+の定量法を模索し、吸光度による測定法を確立しました。それまではキレート滴定にてSr2+を定量しており正確に測定はできていましたが、部活動の限られた時間内では測定するサンプル数を増やせないことが大きな悩みでした。研究の信憑性を高めるためには、測定するサンプル数・測定回数を増やす必要があったからです。そんな中、使い易く測定時間が短い(約1秒/1測定)ピコエクスプローラーは大変便利でした。水溶液中のSr2+量の変化を何回も測定でき、その測定データを基に大学の先生方にさらに詳細な分析を依頼し研究を進めることができました。毎月、300~600サンプルを用いて1000~2000回の測定を行っているので、ピコエクスプローラーは私たちの研究に必需品です。

安価(本体価格98,000円)なので2台所有し、サンプルによって使い分けています

ピコエクスプローラーは価格が安いため、私たちは2台所有し、測定する藻類の種類によって2台を使い分けています。
このミカヅキモを用いた汚染水処理の研究活動は、先輩・後輩が一緒に活動を行うことで測定方法を後輩たちに教え、今後も継続していきます。

第16回高校生化学グランドコンテスト:文部科学大臣賞受賞


TISF:環境工学部門で日本初の2等賞受賞 おめでとうございます!

(福島成蹊高等学校様 ホームページ:http://www.f-seikei.ed.jp/hs/

福島成蹊高等学校 自然科学部員の皆さま、インタビューへのご協力をありがとうございました。

≫ 吸光度計 PiCOEXPLORER(ピコエクスプローラー)の詳細はこちら

関連製品