文字サイズ

製品情報

製品詳細

製品概要

RCF規制に対応したRCFフリー(アルミナファイバ)を炉体に採用

電気炉(FO101(RCFフリー))の特徴

RCFフリーで安全・安心に


炉体(断熱材)に使用されているRCFが特定化学物質の管理第2類物質に位置付けられ、また発がん性の可能性がある為、今回ヤマト科学ではRCFが入っていない素材RCFフリー(アルミナファイバ)に変更致しました。低熱伝導率で優れた断熱効果を発揮します。

シンプルなのでカンタン操作

操作性に優れたコントローラを搭載しております。設定容易なアップダウンキーでカンタンに操作出来ます。

プログラム運転やタイマ機能も搭載

6パターン30ステップのプログラム運転以外にオートスタートやオートストップ、クイックオートストップ(運転中に指定時間後の設定出来るモード)機能があります。

安全機能向上に

自己診断機能をはじめ過昇防止、過電流漏電ブレーカを標準装備しております。

R熱電対を採用

R熱電対の温度センサにより、1150℃までの広範囲な温度制御範囲で長寿命使用が可能です。

FO101は電源工事が不要

FO101はブレーカ容量AC100V(15A)のため、普通コンセントで使用可能です。

温度上昇が早い

ヒータで直接加熱するため、温度上昇時間が早くサンプルを短時間で処理できます。

オプションも充実

オプション関連はこちらをご覧ください。
酸素を嫌うサンプルに有効なN2ガス導入装置(オプション)や腐食性ガスを排出する排気ユニット(オプション)をご用意しております。


使用用途例

主な仕様

仕様


商品コード 214136
型式 FO101(RCFフリー)
性能 温度制御範囲 100~1150℃
性能 温度調節精度 ±2.0℃(at 1150℃)
性能 最高温度到達時間 約60分
構成 外装 クロムフリー電気亜鉛メッキ鋼板 焼付塗装
構成 炉体 アルミナファイバ
構成 センサ R熱電対(温度調節用、独立過昇防止器用)
構成 ヒータ 1kW
構成 排気口 内径20mm(上部)
構成 冷却ファン 軸流ファンモータ
コントローラ 温度制御方式 マイクロコンピュータによるP.I.D.制御
コントローラ 温度設定 デジタル設定
コントローラ 温度表示 デジタル表示
コントローラ 過昇防止器 コントローラ一体型
コントローラ 過昇防止器設定方式 デジタル設定
コントローラ 運転機能 定値運転、プログラム運転(6パターン30ステップ×1、または15ステップ×2パターン、または10ステップ×3パターン)
コントローラ 付加機能 キャリブレーションオフセット機能、停電補償機能
コントローラ タイマ オートスタート、オートストップ、クィックオートストップ、1分〜99時間59分、および999時間50分
安全装置 自己診断機能(メモリ異常、センサ異常、ヒータ断線、SSR短絡、自動過昇防止機能)、過電流漏電ブレーカ、過昇防止器
内容積 1.5L
付属品 排気口キャップ1個、温度ヒューズ1個
内寸法(幅×奥行×高さ) 100×150×105mm
外寸法(幅×奥行×高さ) 346×405×517mm
電源容量 AC100V 11A
ブレーカ容量および電源設備容量 15A。電源コードの長さは器外約2mです。
重さ 24kg
価格(税抜) 357,000円

メンテナンス・保証内容


弊社ホームページ上でお客様登録いただけますと通常1年の無償保証が2年間となります。




FAQ

Q 50x50mm程度の透明な板をエアパッキンで保護された物が同梱されておりました。何に使用する物ですか。
A

製品の輸送時に必要な梱包材の一つですので、設置時に処分していただいて結構です。
運搬中にドアががたついてしまう事を防ぐためにこの梱包材をドアの下に差し込んでいます。
樹脂製で熱に強い材質ではありませんので、炉内に入れて加熱しないようご注意下さい。

ページの上へ戻る
Q 炉体などにリフラクトリーセラミックファイバー(RCF)は使用されていますか。
A

使用されておりません。
以前の型式にはRCFが使用されておりましたが、本型式より炉体他RCFを使用していた部材をすべてアルミナファイバに変更しておりますので、RCFフリーとなります。

ページの上へ戻る
Q 電源を入れた直後なので槽内温度は室温とほぼ同じなはずなのですが、測定温度が異常に高く(低く)表示されています。
A

キャリブレーションオフセット機能に誤入力している可能性があります。
取扱説明書の『キャリブレーションオフセット機能』のページを参照し、補正値が入力されていたら『0(ゼロ)』に設定変更してください。

ページの上へ戻る
Q 納入された装置の扉を開けた炉の正面の扉が当たる部分にステンレスの板で固定された緩衝材のようなものがあるのですが、取り外してよいですか。
A

こちらは扉と本体の固い炉体同士が当たり割れないために取り付けている『炉口材』という部材で、運搬用の保護材ではありません。
ステンレスの板と共に、取り外さずにそのままご使用ください。

ページの上へ戻る
Q 取扱説明書に『700℃以下の比較的低い温度で常用される場合は、少なくとも一回は1050℃、10時間の運転を行い~』との記述がありますが、連続で行う事が難しい為、2日5時間に分けて行っても問題ありませんか。
A

問題ありません。

ページの上へ戻る
Q 窒素ガス導入装置を納入後後付け出来ますか。
A

弊社工場にご返送戴いて対応した経験はあるようですが、炉体の穴明け加工が必要となり、一度加熱した炉体は多くが脆くなっている為破損する確率が非常に高いので、後付けはご推奨出来ません。
本体ご発注時に一緒にご指定ください。

ページの上へ戻る
Q 電源コードを標準の2mより長くしたいのですが、可能ですか。また可能な場合最長何mまで対応可能でしょうか。
A

可能です。
特注となりますので、本体をご購入予定の販売窓口担当者に長さを指定して見積依頼をしてください。
対応可能な長さは10mまでとなります。
それ以上長くしますと電圧が低下し誤作動を引き起こす恐れがある為、ご対応申し上げていません。

ページの上へ戻る