文字サイズ

製品情報

製品詳細

外部密閉系冷却水精密循環装置インバーターチラー

CFI1111

商品コード:221592

型式:CFI1111

CFI1111型

オプション装着例

外部密閉系冷却水精密循環装置インバーターチラー(CFI1111)

Inverter System Chiller Precision Sealed External Coolant Circulators

製品概要

分析装置向けチラー パワフルなタービンポンプで、複雑な流路を持つ機器でも安定な冷却循環 (高揚程タイプ)

外部密閉系冷却水精密循環装置インバーターチラー(CFI1111)の特徴

製品特徴

大型のICP、ICP-MAS、X線分析装置、SEMなど複雑な冷却回路(流路)を持つ分析機器に特化したラインナップです。

製品特徴

従来型に比べ大幅な小型化、省エネを実現しつつ、パワフルな循環ポンプを搭載することで、圧損の大きい発熱部も十分な冷却水を供給できます。様々な機器との接続条件を想定しバイパスバルブを標準装備。圧力計や流量計など豊富なオプションでご要望にお応えします。

主な仕様

仕様


商品コード 221592
型式 CFI1111
循環方式 外部密閉系循環
循環水 ナイブライン 水道水(液温10℃以上)
使用周囲温度範囲 5~40℃
性能  温度制御範囲 5~30℃
性能 温度変動(JIS) 0.2℃
性能 冷却能力 約2700W
性能 最大流量 50/60Hz 約22/26L/min
性能 最大揚程 50/60Hz 約52/65m
構成 水槽 ポリエチレン
構成 温度制御 冷凍機インバータ制御
構成 センサ Pt100Ω(制御温度) T熱電対 (室温、蒸発温度)
構成 コントローラ V型STI
構成 冷凍機方式/冷媒 空冷インバータ式/R410A
構成 冷凍機定格性能 1320W
構成 冷却器/材質 プレート式熱交換器/SUS316
構成 外部循環接続 Rc 1/2 メネジ
構成 循環ポンプ タービンポンプ 550W 接液部:ステンレス
安全機能 過電流漏電ブレーカ、温度センサ異常、液温上下限異常、水位低下異常(フロートスイッチ)、冷凍機オーバーロードリレー、冷凍機高圧リレー、室温上限警告、過負荷時冷凍機低減運転機能、ポンプサーマルプロテクタ、冷凍機保護用遅延タイマ、ポンプ保護用バイパスバルブ、冷却器凍結保護、インバータ異常
その他の機能 水槽フィルタ、排水コック、吸気口防塵フィルタ、キャリブレーションオフセット機能、オートスタート、オートストップ、消費電力表示、積算時間表示、設定表示桁0.1℃単位
規格 水槽液量 約5L
付属品 取扱説明書 1部、保証書 1部、排水ホース 内径Φ9×500mm、排水ホースニップル 1個
外寸法(幅×奥行×高さ) 380×520×690mm
電源容量 単相AC200V 6.6A
60Hz 7.4A ・ブレーカ容量および電源設備容量 15A。電源プラグは付属していません。電源コードの長さは器外約3mです。
規格 電源コード 器外3m 丸端子
重さ 53kg
価格 628,000円



FAQ

Q 冷却対象の装置が定期的に冷却水を止める機構となっています。 循環液が止まっても運転(冷却水循環)を継続しても大丈夫ですか。
A

冷却対象の装置が循環を止める機構を有している場合、本装置に標準装備されているバイパスバルブを30°程度開けた状態でご使用下さい。
但しあくまでも一時的に循環流路が止まる状態に対応した機構となりますので、循環流路が閉塞した状態で連続的な運転を行いますとポンプ故障等の恐れがあります。
循環先の電源を止める時等長時間の循環流路閉塞がある場合には、運転を停止して下さい。

ページの上へ戻る
Q 超純水を循環出来ますか。
A

超純水は循環水としてご利用いただけません。
本装置は配管材や冷却管等に金属を使用しており、腐食による水漏れやガス漏れ、漏電の危険性があります。
水道水を使用して下さい。

ページの上へ戻る
Q 圧縮機電動機定格出力はどこに記載されていますか。
A

カタログや取扱説明書、WEBサイトの仕様欄にある『冷凍機定格性能』のワット(W)の数値が圧縮機電動機定格出力となります。
現行型式では装置の向かって右側面にも圧縮機電動機定格出力の他、冷媒型式や初期充填量がシール貼付されております。

ページの上へ戻る
Q Er06が出ました。
A

■循環液温異常
表示温度が38℃以上またはCFI701/911/1111 は1.5℃以下、CFI601/811/1011 は-14℃以下で異常停止します。
一旦電源を切り、液温が適正範囲内:5(-10℃)~30℃になるのを待ち再度運転を開始してください。
■外部循環先の負荷が装置の冷却能力より大きい
外部循環先の負荷を低減する措置を取ってください。
■室温が使用周囲温度範囲の許容を超えている
室温を5~40℃の間になるよう空調などを行ってください。
■電源電圧の低下
電源電圧の許容は定格電圧の±10%です。
AC100V仕様は90V以下、AC200V仕様は180V以下かその付近まで電圧が低下しているようなら、給電側にて許容範囲まで電圧を上げる措置をおこなってください。

ページの上へ戻る
Q Er20が表示されました。
A

水槽内の水量が低下しています。
水槽内を確認しEr20の表示が消え運転を再開するまで循環液を補充してください。

ページの上へ戻る
Q 温度変動が仕様の±0.1℃以内に入らない。
A

冷凍機がON/OFF運転していませんか。
取扱説明書に掲載されている冷却能力曲線・制御性のグラフをご確認いただき、循環先の熱負荷が精密制御範囲帯から外れ冷凍機ON-OFF帯にある場合は、温度変動幅は±1.0~1.5℃となります。
精密制御が必要な場合は循環先に冷却能力曲線・制御性のグラフの精密制御範囲帯に応じた熱負荷を与えてください。

ページの上へ戻る
Q Er13が表示されました。
A

冷凍機に過負荷がかかっている可能性があります。
一旦電源を切り、十分に装置が冷えてから運転を再開してください。
周囲温度が40℃を越えている場合は、空調などで周囲温度を40℃以下まで下げてから運転を再開してください。
フィルタ又は凝縮器に目詰まりがある場合は取扱説明書「吸気フィルタのお手入れ」にしたがい清掃を行ってください。
上記で復旧しない場合は、ご購入いただきました際の販売窓口担当者または弊社WEBサイト お問い合わせお申し込みフォームにて、点検・修理をご依頼ください。

ページの上へ戻る