文字サイズ

製品情報

製品詳細

スマートロボティック・ラボアシスタント

Smart Robotic Lab Assistant

型式:Smart Robotic Lab Assistant

菌液調整システム
複雑かつ多数の微生物検査工程を自動化
一台のロボットで複数の作業を行います。

菌液調整システム動作
菌が密集している箇所から菌を採取し、生理食塩水に添加します。
その後、菌液を攪拌し、計測した濁度によっては再び菌の採取・添加を行い、菌液を調整します。

クリーンベンチ一体型ロボットシステム
ヤマト科学だからこそ実現できた!
化学分析や菌検査の前処理をロボットで自動化します。

化学分析の前処理動作例
簡単な分注作業、メスフラスコ等を用いたメスアップ操作、転倒混和……
お客様が必要としている処理をロボットで再現します。

微生物自動検査装置
無菌環境下での清涼飲料水の製品検査を自動化
導入実績 | アサヒ飲料株式会社様

微生物自動検査装置
メンブレンフィルターろ過法での検査作業をロボットで再現しました。
検査ボトルの前処理から微生物検査まで一連の検査工程を自動化する技術が清涼飲料分野に導入されるのは、業界初とのことです。
導入実績 | アサヒ飲料株式会社様

揮発分・粘度・屈折率測定装置
複数の分析装置を用いた測定検査をロボットで行う複合的自動測定装置
サンプルのハンドリングはロボットで行い、測定結果は管理PCで一元管理するため、データの打ち間違えやサンプル整合ミスといったエラーをなくします!

スマートロボティック・ラボアシスタント(Smart Robotic Lab Assistant)

【導入事例】微生物自動検査装置
クリーンベンチ内蔵型希釈定容操作
【導入事例】揮発分測定システム
  • スマートロボティック・ラボアシスタント(Smart Robotic Lab Assistant)

製品概要

スマートロボティック・ラボアシスタント(Smart Robotic Lab Assistant)の特徴

ラボの作業環境を変える!研究者のワークスタイルが変わる!

クリーン環境を必要とした微生物検査作業、細胞調整や試薬調整などの複雑かつ多数の工程、熟練度で誤差が生まれるような作業など、人手に頼らざるを得なかったラボの仕事をヤマト科学が自動化します。
現場作業から作業者を解放しサポートするシステム――それが「スマートロボティック・ラボアシスタント」です。

――ラボの自動化を行う4つのコンセプト――

作業の効率化・均質化  お客様の環境に対応  機器の選定力  多種多様なハンドリング内容

 作業の効率化・均質化


①ヒューマンエラーの防止
 作業者の熟練度によらず動作が均質化されるため、処理検体数が増えても試験結果に誤差が生じにくくなります。

作業の効率化



②現場の省人化
 危険な作業はロボットにお任せ、人の育成に時間・コストがかかるような熟練技の作業もロボットで再現し、ラボ現場の省人化を図ります。

現場の省人化



③研究者のワークスタイルの変化
 休日を含め24時間フル稼働出来るので、検体・培地作成などといった日々のルーチンワークが削減でき、文書作成などのデスクワークに時間があてられるようになります。

ワークスタイルの変化

 お客さまの環境に合わせたシステムを提案


 ヒュームフードやクリーンベンチをはじめとした弊社ブランド設備品と組み合わせたシステムをご提供できます。一般環境からクリーンな環境まで、お客様のご要望に合わせたロボット設置環境にご対応致します。
 また大掛かりな工事が不要な省スペースシステムを提案できるのも、ヤマト科学の強みです。


双腕ロボット 単腕ロボット 協働ロボット

 お客さまに最適な機器・器具を選定


機器選定

 多種多様なハンドリング内容


 お客様が望む作業に合わせたハンド設計を行います。ガラス器具や不定形のサンプル等も可能な限り対応します。

分注作業  メスアップ  ボルテックス攪拌

釣菌作業    フィルター貼り    フィルター秤量

 タッチパネルやパソコンで簡単操作

 全てのシステムを管理パソコンやタッチパネルから簡単に操作できます。
 データ管理も管理パソコンで行うため非常に利便性が高く、また異常発生時も端末に異常を連絡するので安心してお使い頂けます。


管理PC   タッチパネル例

 お悩み相談から装置の納品まで

受注までの流れ納品までの流れ
受注までの流れ
納品までの流れ

主な仕様

仕様


型式 Smart Robotic Lab Assistant

備考
詳細はお問い合わせください。