文字サイズ

分析・計測・試験機器

微生物検査

rapiscoシリーズ

製品概要

測定されたいサンプルのご相談承ります
『測りたい』を『測れる』 へ。 誰でも・簡単に・菌検査を可能に!

バクテリア迅速検出装置 rapisco の特徴

これまで1〜3日を要していた細菌検出(培養法)が、rapiscoなら最短10分で完了!
スピード検出で、作業効率アップ&コストを削減!


 〇製造や試験の工程中の異常にすぐに対応できる!
 〇次の工程にすぐに進むことができる!
 〇試験のやり直しができる! 

◆蛍光染色試薬で染色した微生物に光を照射することで、微生物を光点として検出する装置です。
◆蛍光染色試薬を使い分けることによって総菌、死菌、生菌を検出することが可能です。
細菌酵母(真菌類)、カビ(子嚢胞子) に加え、これまで蛍光検出法では検出が難しかった芽胞の検出も可能です。

rapiscoの測定原理

検出手順
①装置光源から励起光を、照射。
②菌と結合した蛍光染色試薬から蛍光が発生。
③蛍光をカメラで撮影し、画像化する。
④PCに画像を転送し、画像処理にて光点を数として検出する。

rapiscoが選ばれる理由

・スピード検出 :サンプル調製~菌検出結果まで10分*
・最軽量、省スペース :重さ3.1kg、W131 × D154 × H239 mm
・自動検出、自動カウント :夾雑物と菌を判別し、簡単検出
・高感度検出 :100個/フィルターから検出可能
・リーズナブル :市販品が使用可能、約400円/検体
・サポートサービス :検体検証、プロトコールの検討、技術トレーニング、講習会等

* 飲料水検査の場合

活用例

乳酸菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌、真菌類(酵母カビ)、芽胞形成菌、総菌、死菌、生菌

・生産工程管理(HACCP対応可):乳酸菌飲料、ヨーグルト、ウィンナーやハム等精肉加工品、かまぼこ、ジャガイモやレタス等食品原材料、アルコール飲料(清酒、ビール等)、清涼飲料水、水、お菓子など
・衛生検査・環境管理 :タオル、衣類、製造現場の衛生管理(ラインの拭き取り検査)、殺菌装置や殺菌剤の効果、除菌フイルターの除菌効果、手洗い効果など
・R&D、その他:研究開発、環境調査(海水、土壌など)、衛生指導や衛生教育ツールなど

アプリケーション事例集

≫ こちらからご覧ください

動画

導入までの流れ

FAQ

≫ こちらからご覧ください

主な仕様

仕様


商品コード 型式 検出対象 LD光源 検出サイズ設定 価格
301060 RF01-APP1 細菌 405nm 2,500,000円~
301061 RF01-APP2 細菌 / 酵母 (真菌類) 405nm 任意 2,950,000円~
301062 RF02-APP1 細菌 / 芽胞形成菌 488nm 3,300,000円~
301063 RF02-APP2 細菌 / 酵母 (真菌類) / 芽胞形成菌 488nm 任意 3,750,000円~
備考
PCは別途必要です。(オプション:250,000円)
検出結果に関しては、お客様のご判断が必要となります。
消費税は含まれておりません。