SINCE 1889 科学技術の進歩・発展のために ヤマト科学株式会社
お問い合わせ サイトマップ English中文
製品情報お客様サポート会社概要採用情報ダウンロード
HOMEお客様サポート製品に関するお知らせアスベスト含有素材使用調査について

お客様サポート アスベスト含有素材使用調査について

アスベスト問題に対して弊社商品の状況を調査いたしましたので、ご報告いたします。

アスベスト(石綿)について

アスベストの法規制

アスベスト(石綿)とは、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物です。ILO(国際労働機関)の定義では、「岩石を形成する鉱物の蛇紋石および角閃石グループに属する繊維状の無機酸塩」すなわち、クリソタイル(温石綿、白石綿)、アモサイト(茶石綿)、クロシドライト(青石綿)、アンソフィライト、トレモライト、アクチノライトの6種類としています。

このうち、実用的に使用されたものにクリソタイル、アモサイト、クロシドライトがあります。アモサイト、クロシドライトは有害性が高いことから1995年4月に法的に禁止になりました。さらに、アモサイトとクロシドライト以外についても、一部のアスベスト製品(建材、摩擦材、接着剤)については、代替化が可能なことから、2004年10月1日から輸入・製造・使用が禁止となりました。ただし、シール材およびジョイントシート等への使用は認められています。

弊社製品の使用について

弊社製品でのアスベスト含有部品については、主に断熱材やシール材としてクリソタイルの使用が確認されています。断熱材については1992年までに段階的に代替品への置換えを実施しました。

アスベスト含有部材の安全性について

アスベストが人体への影響をもたらすのは、吸入によって取り込まれる一定のサイズのアスベスト繊維です。したがって、空気中に飛散することがない状態では人体への影響はありません。 弊社製品に使用しているアスベスト含有部材は、断熱材は板金等で大気と遮断しており、またシール材については、ゴム等結合材でアスベストが固められた状態ですので、通常の使用で飛散の可能性はありません。ただし本製品の分解または解体撤去を行う場合は、アスベストが空気中に飛散する恐れがあるため、飛散を防止するとともに廃棄物の処理及び清掃に関する法律に従って、適正に処理を行って下さい。

アスベスト含有素材部品使用状況

機器関係

アスベストを含有した機器につきましては"アスベスト含有素材部品使用機器一覧"(別ウィンドウで表示)をご覧下さい。

現在販売しております製品および1985年以降に製造販売終了いたしました製品のアスベスト含有素材部品の使用有無を掲載しております。製品型式の頭文字を選択いただければ簡単に検索できます。

実験台、ドラフトチャンバー

現在販売しております製品および1982年以降に製造販売終了いたしました製品のアスベスト含有素材部品の使用有無を掲載いたします。

実験台
甲板の種類 アスベスト使用の有無 カタログ掲載年月日 販売状況
グラセリート 有※
(表面材クリソタイル含有率5〜10%)
1978〜1996 販売終了
テラゾー 1978〜 販売中
エクセラ 1987〜 販売中
エポキシ 1987〜 販売中
トレスパ 1989〜 販売中
プライムトップ 1997〜1998 販売終了
プライムトップ2 1999〜 販売終了
ケミサーフ 2007年〜 販売中

※天板のテーブルトップ構造材にアスベスト含有のセメント板を使用しておりますが、天板表面は30〜40ミクロンのセラミック処理となっており、このセラミック処理部はアスベスト含有率0%ですので、アスベスト含有部の天板への露出はありません。

ドラフトチャンバー
シリーズ名 アスベスト使用の有無 カタログ掲載年月日 販売状況
KSシリーズ 有 ※(内装材クリソタイル含有率5〜10%) 1974〜1982 1982年販売終了
NKシリーズ 有 ※(内装材クリソタイル含有率5〜10%) 1980〜1982 1982年販売終了
FSシリーズ 有 ※(内装材クリソタイル含有率5〜10%) 1983〜1988 1988年販売終了
FRシリーズ 有 ※(内装材クリソタイル含有率5〜10%) 1985〜1988 1988年販売終了
FAシリーズ 有 ※(内装材クリソタイル含有率5〜10%) 1987〜1988 1989年販売終了
FHシリーズ 1989〜1996 販売終了
KFシリーズ 1997〜2000 販売終了
RFシリーズ 2001〜 販売中

※アスベスト含有の内装板を使用しておりますが、内装板の表面は20ミクロンのアクリルウレタン樹脂系の塗装がされており、アスベスト含有部の露出はありません。

製品補修や交換に関して

内装材に含有するアスベストが空中に飛散または放散することはありません。 万一表面に傷などの破損がありましたら表面処理(補修材・コーキング材などによる補修)を行ってください。素材の判別が困難な場合や補修、交換をご希望される場合には、弊社販売店・弊社営業担当までご相談ください。

アスベスト含有素材を使用した製品の廃棄について

弊社製品でアスベストを含有するものは、「非飛散性アスベスト」に分類されます。従いまして、製品原形のままでの撤去をお願いいたします。排出事業者は「非飛散性アスベスト」と記したマニフェストを交付し、産廃処理をお願いいたします。

本製品の解体撤去を行う場合は、アスベストの空気中への飛散する恐れがあるため、飛散を防止するとともに廃棄物の処理及び清掃に関する法律に従って適正に処理を行って下さい。



本件に関するお問い合わせ先
お客様総合サービスセンター

TEL: 0120-405-525 (フリーダイヤル)

E-mail: info@yamato-net.co.jp

お客様サポート
お問い合わせ/資料請求
総合カタログについて
よくあるご質問(FAQ)
製品に関するお知らせ
販売終了製品
総合カタログ正誤表
部品供給不可製品一覧
アスベスト含有素材使用調査について
生産性向上設備投資促進について
フロン排出抑制法に関してのご案内
リフラクトリーセラミックファイバー(RCF)の規制についてのご案内
部品・消耗品に関するお知らせ
保証書のご登録
フィールドエンジニアリング拠点一覧
販売店一覧
ダウンロード
会員様向けサービス

新総合カタログ(PDF)
科学・産業機器 2016-2017年版
分析・計測・試験機器
研究施設
総合カタログ正誤表


ページの上へ戻る
プライバシーポリシー
Copyright © 2007 YAMATO SCIENTIFIC CO., LTD. All rights reserved.